総合建築設計 Architecture Engineers
建築設計部門は、建物の企画、立案、意匠設計に携わることはもちろんのこと、建築プロジェクト実現のため、構造、設備と融合させながら建築物の設計全般をトータル的にコーディネイトすることが重要な役割です。
クライアントの建物に対する夢を叶えるべく、空間・デザイン・品質・仕様・経済性・コスト・安全性へのこだわりを持ちながら、将来の環境・社会・経済情勢を考慮した計画を行い常に社会的立場からの見地で時代の流れに沿ったプランを追求し、提案していきます。
わたしたちは建築というプロジェクトそのものをデザインし、心地よい空間と街並みに融合した建物を提供することを目的とし、さまざまなかたちで支援致していきます。
調査・診断・報告・保全
クライアントの財産である建築物は、事業の継続に伴い所定の機能を損なわずに存続することが事業運営には不可欠です。そのためには人の健康診断と同様に、建物も劣化・予防管理を行い計画的にメンテナンスすることが重要です。豊富な実績で建物の調査、診断そして有効な保全方法を計画します。

業務内容

  • 建築物の調査、診断(建築・構造・設備)
  • 建築物管理保全計画書の作成(調査診断に基づいて短期~中長期のメンテナンス計画)
  • 耐震診断業務
  • 特殊建築物等の定期報告業務
コンサルティング Consulting
石井設計は、80年を超えて建築に関わり、豊富な実績・確かな技術で、クライアントの立場に立ってコンサルティングを行う総合組織建築設計事務所です。土地の有効活用・事業計画に基づく建築の企画や事業スケジュール、概算の策定、建て替えや増改築計画など、様々な角度から調査・分析を行い。クライアントの建築に関するソリューションを支援します。

業務内容

  • 土地活用計画・事業計画の検討、企画提案書の作成
  • 医療、福祉施設計画に当たっての、事前調査、企画設計、諸手続の支援
  • まちづくり、市街地再開発事業、優良建築物等整備事業などの支援、事業計画、建築計画
  • 既設建物の再利用・遊休施設の利活用計画、リノベーション計画
建築設計 Architect Paln
建築設計の中の大きな区分としての意匠建築・構造設計・電気設備設計・機械設備設計、全ての分野を1社に包含し、建築設計のワンストップサービスができることが総合建築設計事務所である私たちの強みです。多様な人材、多くの専門家、豊富な実績と知識をもってクライアントにとって最適なサービスを常に追求しています。

業務内容

  • 建築設計(意匠設計図・総合設計マネジメント)
  • 構造設計(構造図・構造計算)
  • 電気設備設計(電気設備に関わる様々な設計図)
  • 機械設備設計(機械設備に関わる様々な設計図・省エネルギー計画書等)
工事監理 Construction Management
クライアントにとって、建築工事の中立な第3者機関である設計監理者である私たちは、その立場と役割を遂行し、専門技術を駆使して、クライアントの財産である建築物が適切かつ合法的に建設されるよう監理業務を遂行します。工事期間中でも専門的で分かりづらい工事内容を、クライアントに分かり易く説明、疑義に対応するのも私たちのサービスのひとつです。

業務内容

  • 自社設計からの監理業務(設計監理・工事監理)
  • 第3者としての監理業務(工事監理)
リノベーション Renovation Plan
時間の経過と共に機能劣化、事業の円滑化や変更への更新、経営環境の変化により事業転換への更新など、長い年月によって建築物には様々な要望、変革が求められるケースが近年増加しております。とクライアントの要望、社会の要請に応える様々なリノベーションを支援します。

業務内容

  • 建物用途変更(コンバージョン)、機能・価値向上リノベーション
  • 省エネルギー改修計画、バリアフリー対応計画
  • 耐震診断~耐震補強設計~耐震改修計画
構造設計 Structual Engineers
構造設計者に求められる資質とは何か?
それは求められている事柄が何かを理解出来ることではないでしょうか?
我々構造設計部門は、お客様で有る建築主、又は顧客である意匠設計者の意見に耳を傾け、合理的で安全性の高い建築物を提案するパートナーを目指しています。
そして理解を得るための努力を惜しまない姿勢が、構造設計の大切さを広く知っていただくことにつながると考えています。
構造設計 Structual Engineers
建築物は、建設されてからその使命を果たすまでの期間に、様々な荷重や外力(地震・積雪・風圧など)に遭遇します。我々構造設計者は、それら予想される荷重や外力に対して、顧客の要望する条件を考慮し、意匠設計者・設備設計者と協力しあい、あらゆる技術を分析・総合化してバランスの良い建築物の構造計画を提案していきます。
設計監理 Design And Supervision
阪神・淡路大震災では、ごく単純な施工ミスや手抜き工事等の人為的なミスにより、被害を受けた建物も有りました。建築工事は、設計者・施工者・専門職人集団が力を合わせて建築物を作り上げていく過程が重要です。我々構造設計者は、工事が設計図書とおりに行われているのを監理するのはもとより、施主・意匠設計者・設備設計者及び施工者と緊密に連携して建物を作り上げていきます。
耐震診断 Seismic Deagnosis
我が国は地震発生大国であり、最近はその地震の発生確率が高くなる傾向にあります。大地震が発生するたび、より建物の耐震性能の向上を図るべく、国は法令等を改正していますが、そのような現行の耐震基準を満たさない既存不適格建築物も数多く存在しています。我々構造設計者は、それらの古い基準をもと施工された建物の耐震性を適格に診断し、必要で有れば補強設計を行い、少しでも多くの建物を地震の不安から解消するよう努めていきます。
設備設計 Mechanical Electrical Engineers
設備設計部門は、お客様である建築主、又は顧客である設計者の要望に対して、省エネ、エコ、節電等様々な検討を行い、より良い設備設計(給排水・空調・電気)の提案を行います。
建物に於いて設備は建物を健康に保つ設計と考えてます。
日々技術革新を行い、建築設計のパートナーとして設備設計を行い、効率の良い、長寿命、保守管理の容易な設備提案を行います。
設備設計 Mechanical Electrical Engineers
給排水、空調、照明、音響、等に対して環境配慮、省エネルギー、エコの全てを考慮し、意匠設計者、構造設計者と協力を行い、お客様に最善の技術で提案を行いより良い設備設計を目指します。

業務内容

  • 建築物の調査、診断(建築・構造・設備)
  • 建築物管理保全計画書の作成(調査診断に基づいて短期~中長期のメンテナンス計画)
  • 耐震診断業務
  • 特殊建築物等の定期報告業務
設備設計監理 Facility Design And Supervision
建築現場はお客様、設計者、施工者、各種専門業者がそれそれの技術で建築物を作り上げて行く過程に於いて、設備設計者として工事が図面に準じて施工されているか、又、手抜き、施工ミスがないように監理を行い、より良い建物を完成させて行きます。
設備診断、リニューアル設計 Equipment Diagnosis And Renewal
建物に於いて設備関係はどうしても建物より寿命が短くなってしまいますから設備診断、リニューアル設計は必要になります。設備診断、リニューアル設計に対して設備設計のノウハウを生かしてより省エネルギー、環境配慮を提案してお客様の要望の答えられる様な提案を行います。